意外?と服用してはいけない人がいるのをご存じでしょうか?35歳以上で1日15本以上煙草を吸う方、子宮癌や肝機能障害など様々な条件があります。不安な方は自己判断せず、病院に行きしっかりと説明を聞きましょう。

避妊薬を服用すると吐き気の副作用が出ることもあります

避妊薬を服用することで生理不順が治ったり、大人ニキビが解消されたりと、様々なメリットを享受することが出来るものです。しかし何事にもメリットだけあってデメリットは一切ないという都合の良い話は存在しないもので、避妊薬を服用することにも当然メリットだけでなく様々なデメリットがあります。最も多くの服用者が悩んでいるデメリットが、避妊薬を服用することで色々な服用が出てしまうことです。特に副作用の中でも吐き気の副作用に悩んでいる女性は非常に多いものです。何故なら吐き気や嘔吐というのは、多くの女性に出やすい最もポピュラーな副作用だからです。
もしも吐き気の副作用が出てきて苦しくなってしまった場合、避妊をする為に緊急の必要性がない場合であれば、我慢をせずにさっさと吐いてしまった方が早く楽になれるのでお勧めです。しかし女性の中には緊急避妊薬として服用していることもあるでしょう。この場合はいくら吐き気の副作用があったとしても、吐くのを我慢した方が良いと言われています。何故なら緊急避妊薬として服用した場合、毎日継続的に服用しているわけではないことが通常ですので、その場合は万が一薬を吐いてしまったら、十分な避妊効果が期待出来なくなってしまうこともあるからです。なので緊急避妊薬として服用している女性の場合は、とにかく市販の吐き気止め等を飲むようにして、薬を吐かないように気を付けましょう。
それから通常吐き気の副作用は非常に軽いことが多いのですが、女性によっては何も食べられない位の酷い吐き気が出る場合もあります。そして人によっては何日もご飯を食べることが出来なくなるといった場合もあります。その場合は身体が衰弱してしまうのが心配ですので、とにかく病院に行って相談し、必要であれば点滴を受ける等の対策をとるようにしましょう。