意外?と服用してはいけない人がいるのをご存じでしょうか?35歳以上で1日15本以上煙草を吸う方、子宮癌や肝機能障害など様々な条件があります。不安な方は自己判断せず、病院に行きしっかりと説明を聞きましょう。

避妊薬の購入方法には病院を介するものと通販がある

ここ数年で、低用量ピルが解禁となったことにより、この避妊薬を服用し、女性が自分の意思で妊娠をコントロールできるようになり、望まない妊娠で苦しめられる女性も格段に少なくなっています。女性は妊娠してしまうと、今まで送っていた生活は送れなくなってしまい、生活設計をガラッと変えなければなりません。その為予期せぬ時期に妊娠をしてしまうと、残念ではあっても中絶という悲しい選択をしなければならない場合も多く、この行為は女性の心と身体を深く傷つけてしまいます。このような悲しいことが起こらないようにするためにも、避妊薬を服用しきちんと身体を管理できるようにしておきましょう。さてこの避妊薬の購入方法としては、婦人科クリニックを受診し医師に処方をしてもらうという方法と、インターネット通販などから個人で購入する方法と二通りあります。コスト的には後者がもっとも安上がりですが、低用量ピルといってもいろいろな種類があるので、自分の身体にはどれがもっとも適しているのかを判断するためにも、最初は医師に処方してもらうことをお勧めします。またピルはホルモン剤でもあるので、服用するに至ってはいろいろな検査も必要で、自分で勝手に購入する方法ではこういった検査は受けないままの服用となるため、安全性を考慮すると若干の不安はあります。婦人科疾患や性病などがある場合、あるいは生活習慣病などを抱えている場合は注意が必要なので、専門医の診察を受け服用しても問題ないと判断されてから飲み始める方が無難です。またクリニックで処方してもらったピルが身体に合わない場合などは、違う種類に変えてくれたりいろいろな相談に乗ってもらえるので、自分に合うピルが見つかるまではクリニックから購入するほうが安心です。