意外?と服用してはいけない人がいるのをご存じでしょうか?35歳以上で1日15本以上煙草を吸う方、子宮癌や肝機能障害など様々な条件があります。不安な方は自己判断せず、病院に行きしっかりと説明を聞きましょう。

避妊薬に関連して白髪が増えた時は病院に行くべきか

避妊薬は女性ホルモンに作用を及ぼすホルモン剤であるため、避妊薬に求められる避妊としての効果に限らずさまざまな効果があります。
例えば更年期障害や生理痛の軽減、PMSの緩和といったような効果は非常に有名です。
ですがどのような医薬品にも副作用はあり、避妊薬と言っても副作用は存在しているのです。
その中では時折「避妊薬を飲み始めて白髪が増えた」「飲むのをやめたら白髪が増えた」というようなことが言われることもあります。
ではこうした症状が見られた場合には病院へ行った方が良いのかというと、状況が深刻であれば病院に行く必要があるでしょう。
ホルモン剤である以上は人の体に対してさまざまな影響を与えることが懸念されますし、避妊薬自体もまだ長い歴史を持っているわけではないため、体質的な問題などが発生しているリスクは否定できません。
ただしかし、そもそも避妊薬は髪の毛に対して影響を与えることもあるということは知っておくべきでしょう。
避妊薬の主成分となっているのはプロゲステロンとエストロゲンという二つの女性ホルモンですが、同時にこの薬にはアンドロゲンというホルモンの働きを抑制する作用もあります。
アンドロゲンは体毛を発育させる作用を持つホルモンですから、もともとアンドロゲン分泌量が少なかったというような人であれば脱毛症状が発生したり、白髪が生えやすくなったりといったようなことは考えられます。
特に脱毛などの症状は避妊薬の服用を終了してから数ヶ月間続くこともあるのですが、もしこうした症状に不安を感じた場合は病院で診察を受けることをお勧めします。
病院は体調の変化を感じている人全てを対象とするものですから、「それくらいで来ないでほしい」と言われることは無いのです。
無意味に行くのは避けるべきですが、体調変化が明らかに起きているのであればためらわず連絡を取るようにしましょう。